皆さんこんにちは‼
 今日は自分がしているアルバイトの話をしたいと思います。
 
 私は現在二人のお子さんの家庭教師をしています。一人は中学2年生、もう一人は高校1年生です。今日お話しするのは、私がどのような気概でこのアルバイト(仕事)に臨んでいるのか、そして、私がこの家庭教師という仕事をどのように考えているのかについて話したいと思います
        スクリーンショット (44)

        リボーンが強すぎてカテキョのイメージ画像が出てこない(´;ω;`)

(家庭教師のモチベーション)
 家庭教師について皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか?「高給」、「責任が伴う」、「高学歴しかできない」とか「特殊な子が多い」といったところでしょうか。

 確かに、私の家庭教師の給料は平均的な個別指導塾の給料よりも高いです。それに伴い、お子さんの成績についての責任もより重みが増します(テスト前は胃が痛くなります笑)。

 家庭教師を必要とされるお宅のお子さんは勉強嫌いだったり集中力が続かなかったりと、大手塾では上手くやれない特殊な事情のあるお子さんが多い印象です。そのほかにも、既に大手塾に通っていてその補助を家庭教師でというお宅もあります。

 私がそんな家庭教師をするモチベーションは、お金半分、バイトを通じた学び半分ですね。

 家庭教師は確かに高給なバイトです。しかし、ただお金のためにやるにはもったいない多くの気づきがあります。そのうえ、個人的には家庭教師で得られるスキルも結構あるように思います(詳しくはまた次回)。

 また、結構面白い事実として、「生徒と接していると自分を相対化できる」というのがあります。

 子供の生徒さんは素直な子が多いので、授業中に「先生って○○だよね」と素直に私の評価をしてくれます笑。たまに『俺ってそんな風に思われてるんだ』と戸惑うこともありますが、自身を客観的に捉えられる貴重な機会だと思っています。

 今日はそんな家庭教師というアルバイトを通じて私が考えたことについて書きたいと思います。

(大手塾は家電量販店)
 
家庭教師の対極としてしばしば比較の対象に上がるのが大手塾です。サ〇ックスとか日〇研とか東〇ハイスクールなんかがあります。僕も小中高でお世話になりました。

 こういった大手塾は主に「1人の先生対多数の生徒」の授業、つまり大人数授業を提供します。これは家電量販店に例えられます。生徒の両親は「規格化され大量生産された中程度の質の教育商品」を購入していることになります

 
東〇ハイスクールの映像授業が分かりやすい例です。生徒は複製され大量生産された有名講師の授業を一方通行で受講しています

 これらの塾が提供する教育が悪いといいたいわけではありません(下の方のクラスは大学生のバイトが教えていることもありますが)。しかし、大人数を相手にする関係から、一人一人の生徒に合わせた授業は出来ませんし、授業も一方通行で生徒は質問がしづらく集中力も切れやすくなってしまいます

 また、会社として実績を上げるために優秀な生え抜きの学生には優先的な投資を行うという点でも、売れる商品をより沢山仕入れる家電量販店と似ているといえます。

(家庭教師は会社経営者!?-家庭教師と株式会社の類似性-)

 家庭教師って漠然とやっていると、生徒さんの勉強をみて、時々おしゃべりしたり悩みを聞いてアドバイスをしてお金をもらっているという感覚に陥りがちです。

 でも、よくよくその職業モデルを分析してみると、そんなに単純な仕事ではないんじゃないかと思い始めました。分析してみると、家庭教師は実は株式会社とその構造が似ているような気がしてきたのです笑

 下に示すのは私が分析した家庭教師と株式会社の職業モデルです。あくまで私の分析なので「これは違うだろ!」っていう声もあるかと思いますが、悪しからず。これを見て「なんか似てるかも」って思ってくれる人がいたら私の同志です笑。

①家庭教師のモデル
    スクリーンショット (65)

 家庭教師の顧客は生徒さんではありません。顧客であり雇用主はあくまでそのご両親なのです。

 ここは非常に重要なポイントですが、家庭教師は「ご両親が望む形」で成績を上げる必要があります。ご両親が「数学の成績を上げてほしい」と望んでらっしゃるのに国語の成績をいくら上げようが意味がありません。

 家庭教師は、ご両親の指示に基づき生徒さんに知識や解法テクニックを教えます。学習計画を作成し、その進捗具合や定期テストの結果をご両親に「成果」という形で報告します。ここにおいて生み出した「成果」に対して賃金が支払われます。

 家庭教師にとって生徒さんをマネジメントし、時にモチベーションを上げ悩みを聞くことは重要な職務の一つです。これは、生徒さんが生み出す「成果」に直結しご両親から自身への評価にも最終的に結びつくからです。

 ご両親にとって、家庭教師を雇用する最終的な目的は「子供の成績(学歴)」の向上です。家庭教師は生徒さんをマネジメントし、知識を与えて勉強させることで成績を向上させ、その「成果」に対して賃金を受け取ります。

 以上が家庭教師のモデルです。
     
②株式会社のモデル
    スクリーンショット (66)
 株式会社のモデルでは家庭教師の位置に会社の経営者(社長)が来ます。

 経営者の顧客はその企業の製品を買ってくれる我々消費者かと思いきや、実は違います。経営者にとっては株主が一番の顧客になります。

 そもそも、株主は企業を所有していますし株主総会を通じて経営者の選定、企業の意思決定への関与が可能です。家庭教師の場合と同様、顧客としての株主は経営者に強い影響力を持っています。

 経営者は株主からの投資と意思決定にそって、社員に指示を出しマネジメントします。知識の代わりに社員に賃金を与え、昇進・昇給等でモチベーションを上げつつ「成果」(売り上げ・利益)の向上を目指します。

 経営者は社員が生み出した「成果」を決算という形で株主に報告し、配当の形で成果を還元します。ここで初めて経営者に対して賃金が発生します。経営者も家庭教師と同様、自身の賃金のために社員をマネジメントし成果を生む必要があるのです。

 株主にとって、経営者を雇用する最終的な目的は「企業価値:配当・株価の上昇」の向上です。経営者は株主の目的を達成するために社員をマネジメントしモチベーションを上げ、「成果」の最大化を試み賃金を受け取ります

 以上が株式会社のモデルです。

 二つを見比べてみてどうですかね、かなり単純化しましたが個人的には結構似た構造なんじゃないかなと思います。
 
 自分は将来経営者になろうとは思っていませんが、何かのプロジェクトのリーダーなどをやるときに家庭教師での経験が役立つんじゃないかなと思っています。

 例えば、顧客のニーズにいかにして答えるのかを考えたり、部下のモチベーションをいかにしてあげるか、タイムスケジュールや計画の作成能力など家庭教師の経験が生かせそうな部分がある気がします。

 こんな感じで、ただ単にお金のためにアルバイトをするんじゃなくて、お金以外の学びも探しながらアルバイトをしています

 何か経験になりそうなことはないか、将来役立ちそうな要素はないかと探しながらアルバイトに取り組むと案外色んなことに気づくことがあります。そういう気付きを大切にすることでよりアルバイトへのモチベーションも高まるんじゃないかなと思います(笑)

東大生ブログランキング

 皆さんこんにちは‼
 今日は、私が投資を始めようと思った理由の一つである「銀行への預金はだけではダメ」ということについて説明しようと思います。

         スクリーンショット (54)

 もともとリスク恐怖症だった自分は、銀行への預金は最善策だと思っていました。銀行が破産することはそうそうありませんし、銀行の定期預金なら年率0.1%で利子がつくので、元本割れせず資産が増えていくので素晴らしいと思っていました。

 ところが、投資関係の本には大抵書いてあるのに、多くの人(もちろん多くの東大生も)が知らない事実として、「銀行預金は年々その価値を喪失していく」ということがあります。

(中央銀行とインフレーインフレは国策ー)
 皆さんは、日本の中央銀行をご存じでしょうか?そうですね、日本銀行(通称:日銀)ですね。

 上から見ると建物が「円」の字になっているというウンチクもありますが、日銀がどのような役割を担っているのか具体的に説明できる人は少ないと思います。

 日銀は中央銀行であり日本で唯一の発券銀行です。諭吉も一葉も英世も日銀が発行します。日銀は政府の借入金の証書である国債を引き受ける役目も負いますし、景気動向に合わせて金融政策を行います。

 日銀が行う金融政策の中に、「物価安定の目標」があります。

 日銀は市場経済における効率的な資源配分のために物価の安定を重視しており、具体的には、消費者物価指数を前年比2%上昇という目標を掲げています(実際には目標を達成できておらず1%ちょいくらいの上昇率ですが笑)。

 消費者物価指数の上昇とは、言い換えれば物価の上昇を意味します。つまり、インフレを意味します。

 ということは、国の中央銀行たる日銀が年2%のインフレを目標としているということになるのです。これは国策によってインフレが推進されているということになります。

 インフレは物価上昇を意味しますから、当然その分貨幣価値は減少しています。つまり、私たちが持っている貨幣(日本円)の価値は年2%ほど減少する可能性があるということです

(預金の価値は時間とともに減少する?ー立ち食いソバの価格と消費者物価指数ー)
 
もっと具体的な例で説明しましょう。ここでは立ち食いソバを例に挙げます。
       スクリーンショット (58)


 駅とかにあるあの立ち食いソバ、1960年は一杯35円でした。それが現在では270円と約8倍になっています。

 実際に、1950年の消費者物価指数を1とすると2019年の消費者物価指数は8.35と約8倍になっています。つまり、ここ50年間で物価が約8倍になり、貨幣の価値は8分の1になったことが分かります。
(※1950年と今では商品の質・生産コストが異なるといった指摘もありますが、ここでは概念として紹介しています)
        スクリーンショット (56)
 同じことは、大卒の初任給にも言えます。

 1970年の大卒初任給は平均約4万円、現在(2012年)の大卒初任給は平均年20万円です。1970年の平均を現在価値に直すと約14万円ですが、それでも貨幣価値がこの40年で大きく減少していることが分かると思います。
 
 
政府は財源を賄うために国債を発行し中央銀行に引き受けてもらいます。中央銀行は発券機能を持っているため、紙幣を発行し政府から国債を買い取ります。政府は国債と引き換えに受け取った紙幣を用いて予算を組みます。

 こうして、政府が使った紙幣が市場に流通することで、市場に流通する貨幣量が増加し貨幣価値は減少します。これの繰り返しによってインフレが進行し、銀行にある預金の価値は年々減少していくのです。

 
もちろん、インフレが進行すればそれに応じて賃金量も増加するので、今後受け取る貨幣量は増加します。その一方で銀行預金については年々減少する一方なのです

 
銀行に預けている余剰資金を投資に回し、インフレ率以上で運用することで資産の実質的な価値の減少を防げるというわけです。

(為替リスクー将来的な円安リスクー)

 上の項目では、インフレによって貨幣(日本円)の価値が減少するという話をしました。実は、もう一つ日本円の価値が減少するリスクがあります。それは、為替リスク、つまり、円安によって国際的に円の価値が減少するリスクです
 
        スクリーンショット (60)


 日本人の個人金融資産の90%は依然として円建て資産です。円高の時は国際的に円資産の価値が増加しているのでかまいませんが、円安が進んだ場合は資産の実質的な減少を意味します。

 
2012年以降の第2次安倍内閣による経済政策「アベノミクス」によって一時期76円台だった円相場は120円台まで円安が進みました(2019年現在では110円台)。今後もインフレ等によって円安傾向が続く場合、資産のほとんどを円建てで保有することは為替リスクを負うことを意味します

 また、為替は二国間の金利差やインフレ率の差、マーケット環境や貿易収支、雇用統計等の経済指標によって影響を受けるため、プロでも予想が難しいのが実情です。

 
為替が円安、円高どちらに動くか不確実性がある以上、分散投資の観点からも、資産のほとんどを円建てで保有することはリスキーだといわざるを得ません

 外国債券や株式、または外貨預金等で円建て以外の資産を保有することも円安リスクに備える上では重要です。具体的には、外国株式や債券に投資する投資信託が一つの選択肢となります。
 

(投資しないリスク)

 上の2つの項目から、どうして「銀行預金は年々その価値を喪失していく」かが分かったと思います。
①政府の国債を中央銀行が引き受ける過程でインフレが起こり、貨幣価値が年々減少
②経済政策による円安による国際的な円資産の価値減少

 この2つによって、例え銀行預金であっても絶えず価値減少のリスクにさらされていることが分かったと思います。

 リスクが怖くて投資を始めない人はたくさんいると思いますが、実は安全だと思って銀行に預けていた預金そのものが、投資をしないリスクにさらされているのです

 このリスクの巧妙な点は、額面上はお金が減っているようには見えない点です。しかし、年々確実に銀行預金の価値が減少しているのは確かです。そこで、投資のよってインフレ率以上の年利で資産を増やしていく必要があるのでしす。

 また、そうした投資の知識や経験は一朝一夕に身につくものであはありません。また、銀行預金は長年預ければ預けるほど「複利の力」によってその価値をどんどん失います。

 そのため、若い時から投資についての考え方や知識について学んでおくことは重要です。大人になってより多くのお金を得る前から投資についての経験を得ておくことはとても重要だともいます。

(それでも預金は必要)
 ここまで話すと、銀行預金をやめてすべて投資に回そうとする人が現れるかもしれません。しかし、投資とはあくまで余剰の資産を運用するものです。

         スクリーンショット (62)
   

 そのため、十分な生活資産(給料2か月分程度)が銀行預金にある状態で投資をするのがベストです。

 銀行預金のメリットは金融商品と違い、流動性が極めて高い(取付騒ぎにでもならなければいつでも引き出せる)上に、ネットバンキング等で送金が容易という点があります。また、クレジットカードやキャッシュカードを使う上でも一定の銀行預金は必要です。

 私は、銀行預金をやめろと言っているのではありません。生活に必要以上な資産を銀行預金に入れておくのではなく、投資によって運用することを勧めているのです

 生活のための最低限の銀行預金は当然必要ですし、資産の90%以上を投資していたら落ち着いて生活ができません。

 私もかつては総資産の90%以上を投資に回したところ、日常生活のお金に困った上に、値動きが気になりすぎて集中できなくなりました。

 適正な量の銀行預金は投資をしている間の精神安定剤としての機能も持っています。

 あくまで、銀行預金と投資、それぞれの目的と特徴を見極め、正しく運用していく必要があると思います。

(参考):内藤忍「資産設計塾」第4版、2015、自由国民社
    :日本銀行「金融政策」https://www.boj.or.jp/mopo/outline/qqe.htm/
東大生ブログランキング 

 皆さんこんにちは‼
 今日は久しぶりの金融リテラシーのコーナーです。最近はサークルや教習所が忙しくてなかなか金融リテラシーについては更新できていませんでした。すいませんOrz

        スクリーンショット (48)


 今日はフランスの経済学者トマ・ピケティが「21世紀の資本」という著作で紹介したある不等式について紹介します。
        スクリーンショット (50) 
                             (トマ・ピケティ)

 この式は経済学においては非常に単純な式で、2つの変数と1つの不等号からなります。

『r:資本収益率 (利潤、利子、配当など資本による収入)
 g:経済成長率 (賃金収入)
 において、、、、

       r>g が成り立つ                      』
                                     というものです。

 ピケティが過去200年間のデータを分析したところ、r:資本収益率が平均で年5%程度であるのに対し、g:経済成長率は1-2%の範囲で収まっていることが明らかになりました

 つまり、資本によって得られる富のほうが、労働によって得られる富より早く蓄積されるため、資本をより多く持つ人(資本家)のほうがより裕福になりやすいということを表しています。

 ピケティはこのことから、経済格差が拡大していく背景には「r>g」の関係があることを明らかにしました。

(投資したほうが儲かる)

 私がこの式から言いたいのは「資本主義をやめて社会主義にし、富の再配分を徹底しろ!!」ということではありません。

 私が言いたいのは「資本主義のシステムを理解し、そこからお金を得るすべを知る必要がある」ということです。つまり、投資を勉強し、実践しろということです。

 資本主義社会においては、資本収益率(=投資における収益)のほうが賃金よりも増加のスピードが速いことはピケティが示しました。実際、投資信託の平均年利回りは長期的に見れば5~10%です

 ここから、資本主義社会においてよりお金を得ようと思ったら、投資をするのが効率的ということになります。

(若い時から投資について学ぶ意義)
 もちろん、投資を始めたからといってすぐに投資収益だけで生活できるわけではありません。年5%の利回りで生活しようとしたら数千万から1億の元本が必要でしょう。
 
 私も投資で生活しようと思って投資や金融を勉強しているわけではありません。ただ、実際に投資を始めようと思ったときに投資に関する知識やスキル、経験がないことは大きな不利益になります

 若い時から投資を始めるメリットはいくつかあります。
①投資をする上でのメンタルができる
 投資をするためには専用のメンタルが必要です。投資をしていると絶えず自身の資産は増減します。時に含み損を抱えることもあります。市場から退場せずに投資を長く継続するためには、投資用のマインドセットが必要です

 これは、含み損に絶える忍耐であったり、自分が決めた投資ルールに従って損切りを必ずするといった自制心も含みます。

 これらの投資用のマインドセットは一朝一夕に身につくものではありません。相場に触れ続けることによって徐々に身につくものです
 
 かく言う自分も半年前に投資を始めた当初は、値動きが気になって日中に何度も証券口座のアプリを開いて値動きを観察しないと気が済みませんでした。
 
 それが今では、徐々にではありますが、値動きを確認せずとも大丈夫な平常心を獲得することができています。

②セーフネットがある
 若い時は、実家暮らしをしていたり親に経済力があったりとセーフネットが充実しています。もちろん、お金を借りて投資をするなど論外ですが、仮に投資で自分の資産の多くを失ってしまっても頼れる経済的支柱(親など)がいることはとても大きいです。

 社会人になり家族を持つと、自分の経済状況に責任を持たなければならないのに対し、失敗しても大丈夫という安心感をもって投資をできる環境は若い時の特権です。

③投資をしている期間が長くなる(複利の力の最大化)
 以前の回で「複利」の力につて紹介したと思います。皆さん既にご存知の通り、複利の効果は運用年数が長くなればなるほど高まります

 もちろん最小の頃は数十万円から多くて100万円単位で運用することになるので、そのまで大きな恩恵はありません。

 しかし、徐々に積み立てて元本が大きくなるにつれて、また、社会人になり投資に回せる金額が大きくなるにつれて、複利の力はどんどん大きくなっていきます

        スクリーンショット (52)

④リスクをとることを恐れない人間になる

 確かに、人間はリスクを冒すのを恐れる生き物です。私も元々はそうでした。

 しかし、リスクとリターンには相関があるのです。リスクをとってチャレンジしなければわずかなリターンに甘んじて一生を終えることになるでしょう

 これはなにも投資に限った話ではないでしょう。フラれるかも思って告白しなければ好きな人とは付き合えないでしょうし、失敗を恐れて何のプロジェクトも企画できなければ会社での昇進もないでしょう。

 リスクを覚悟してチャレンジしてみると意外と自分が思っていたほどリスクが大きくなったということもよくあります。さらに、リスクをとってチャレンジし成功した経験はさらに新しいチャンスにチャレンジする勇気をくれます

 例えば、スタンフォード大学の学際的プログラムであるDスクール(ハッソ・プラットナー・デザイン研究所)では、大きな見返り(リターン)を得るために相当のリスクをとることを重視しています

 若い時からリスクをとってチャレンジすることに親しみ、なんなら失敗を経験し、そこから学ぶことは人生全体にとってとても有意義な経験となります。投資はその1つのきっかけになると私は思います。



東大生ブログランキング

↑このページのトップヘ