皆さんこんにちは‼
 今日は久しぶりの金融リテラシーのコーナーです。最近はサークルや教習所が忙しくてなかなか金融リテラシーについては更新できていませんでした。すいませんOrz

        スクリーンショット (48)


 今日はフランスの経済学者トマ・ピケティが「21世紀の資本」という著作で紹介したある不等式について紹介します。
        スクリーンショット (50) 
                             (トマ・ピケティ)

 この式は経済学においては非常に単純な式で、2つの変数と1つの不等号からなります。

『r:資本収益率 (利潤、利子、配当など資本による収入)
 g:経済成長率 (賃金収入)
 において、、、、

       r>g が成り立つ                      』
                                     というものです。

 ピケティが過去200年間のデータを分析したところ、r:資本収益率が平均で年5%程度であるのに対し、g:経済成長率は1-2%の範囲で収まっていることが明らかになりました

 つまり、資本によって得られる富のほうが、労働によって得られる富より早く蓄積されるため、資本をより多く持つ人(資本家)のほうがより裕福になりやすいということを表しています。

 ピケティはこのことから、経済格差が拡大していく背景には「r>g」の関係があることを明らかにしました。

(投資したほうが儲かる)

 私がこの式から言いたいのは「資本主義をやめて社会主義にし、富の再配分を徹底しろ!!」ということではありません。

 私が言いたいのは「資本主義のシステムを理解し、そこからお金を得るすべを知る必要がある」ということです。つまり、投資を勉強し、実践しろということです。

 資本主義社会においては、資本収益率(=投資における収益)のほうが賃金よりも増加のスピードが速いことはピケティが示しました。実際、投資信託の平均年利回りは長期的に見れば5~10%です

 ここから、資本主義社会においてよりお金を得ようと思ったら、投資をするのが効率的ということになります。

(若い時から投資について学ぶ意義)
 もちろん、投資を始めたからといってすぐに投資収益だけで生活できるわけではありません。年5%の利回りで生活しようとしたら数千万から1億の元本が必要でしょう。
 
 私も投資で生活しようと思って投資や金融を勉強しているわけではありません。ただ、実際に投資を始めようと思ったときに投資に関する知識やスキル、経験がないことは大きな不利益になります

 若い時から投資を始めるメリットはいくつかあります。
①投資をする上でのメンタルができる
 投資をするためには専用のメンタルが必要です。投資をしていると絶えず自身の資産は増減します。時に含み損を抱えることもあります。市場から退場せずに投資を長く継続するためには、投資用のマインドセットが必要です

 これは、含み損に絶える忍耐であったり、自分が決めた投資ルールに従って損切りを必ずするといった自制心も含みます。

 これらの投資用のマインドセットは一朝一夕に身につくものではありません。相場に触れ続けることによって徐々に身につくものです
 
 かく言う自分も半年前に投資を始めた当初は、値動きが気になって日中に何度も証券口座のアプリを開いて値動きを観察しないと気が済みませんでした。
 
 それが今では、徐々にではありますが、値動きを確認せずとも大丈夫な平常心を獲得することができています。

②セーフネットがある
 若い時は、実家暮らしをしていたり親に経済力があったりとセーフネットが充実しています。もちろん、お金を借りて投資をするなど論外ですが、仮に投資で自分の資産の多くを失ってしまっても頼れる経済的支柱(親など)がいることはとても大きいです。

 社会人になり家族を持つと、自分の経済状況に責任を持たなければならないのに対し、失敗しても大丈夫という安心感をもって投資をできる環境は若い時の特権です。

③投資をしている期間が長くなる(複利の力の最大化)
 以前の回で「複利」の力につて紹介したと思います。皆さん既にご存知の通り、複利の効果は運用年数が長くなればなるほど高まります

 もちろん最小の頃は数十万円から多くて100万円単位で運用することになるので、そのまで大きな恩恵はありません。

 しかし、徐々に積み立てて元本が大きくなるにつれて、また、社会人になり投資に回せる金額が大きくなるにつれて、複利の力はどんどん大きくなっていきます

        スクリーンショット (52)

④リスクをとることを恐れない人間になる

 確かに、人間はリスクを冒すのを恐れる生き物です。私も元々はそうでした。

 しかし、リスクとリターンには相関があるのです。リスクをとってチャレンジしなければわずかなリターンに甘んじて一生を終えることになるでしょう

 これはなにも投資に限った話ではないでしょう。フラれるかも思って告白しなければ好きな人とは付き合えないでしょうし、失敗を恐れて何のプロジェクトも企画できなければ会社での昇進もないでしょう。

 リスクを覚悟してチャレンジしてみると意外と自分が思っていたほどリスクが大きくなったということもよくあります。さらに、リスクをとってチャレンジし成功した経験はさらに新しいチャンスにチャレンジする勇気をくれます

 例えば、スタンフォード大学の学際的プログラムであるDスクール(ハッソ・プラットナー・デザイン研究所)では、大きな見返り(リターン)を得るために相当のリスクをとることを重視しています

 若い時からリスクをとってチャレンジすることに親しみ、なんなら失敗を経験し、そこから学ぶことは人生全体にとってとても有意義な経験となります。投資はその1つのきっかけになると私は思います。



東大生ブログランキング

 皆さんこんにちは‼
 東大は5月祭の真っただ中ですね。東大生にとっては5月祭は企画・運営、仕入れ、デザイン、広報、シフト作成、マネジメント等の簡単な事業のステップを一通り体験できる良い機会だと思います。

 また、自分たちが持っているものがどうやったら売れるのか?どう価値を付与するのか?という、割と起業で役に立ちそうなことをやってるなと思います。(それにしてはタピオカと牛串売ってる店が多いですけどね笑)

 去年自分も出店して、あれから早くも1年たつのかと感慨にふけっておりました。今日は五月祭に行って考えたことを書きます。(主に模擬店について)

スクリーンショット (46)(東大新聞オンラインより)

(やってることは商業資本体験)
 5月祭の模擬店で東大生が体験しているのは言ってしまえば商業資本体験だと思います。大航海時代にヨーロッパの商人がやっていたあれですね。

 商業資本は2つの価値体系の差を利用して利益を生みます。ここでは大航海時代の例から紹介しましょう。

①大航海時代の2つの価値体系
 ヨーロッパ:コショウの価格=同量の金の価格(入手できるの王侯貴族だけ)
 東南アジア:コショウ=その辺に生える草(料理にも普通に使用)
 →この場合は東南アジアとヨーロッパにおいて同じ「コショウ」に対する価値体系に大きな差があります。そこで、商人は東南アジアで安く買ったコショウをヨーロッパで高く売って、その差益を得ます。

②5月祭模擬店の2つの価値体系
 東大生:業務用スーパーでの仕入れ価格(スーパーより10~20%安い)
 来場者の価値体系:「お祭りの屋台と学園祭の模擬店は高い」という一般的観念で拡張された価格許
 容度(スーパーより20~30%高くても買ってくれる)
 →5月祭の場合は、東大生は業務用スーパー等で安い価格で買い、「学園祭だから」という心理で多少は高くても買ってくれる来場者に高く売ることでその差益を得ます。

①と②を比較すると、

 ①は、地理的に隔たっていることと、今みたいにグローバル化で世界が緊密につながっていないので世界共通の価値体系が存在しなかったことが利益の源泉になっています。

 その一方で②は、業務スーパーで仕入れることによる「安く買う」インパクトは実はそれほど大きくありません。なぜなら、一般的な飲食店も業務用を用いるからです。なので、結局は来場者の「学園祭だから」という心理にあずかって利益を生んでることになります。

 さらに言ってしまえば、東大多浪交流会や時代錯誤社、東大美女図鑑、メイちゃんグッズ等の東大ならではの価値が付与された団体の刊行物やグッズに比べて、模擬店の食販は単純化すれば既成食品の転売なので、東大生らしい付加価値はほとんど付与されてないといってもいいでしょう。(そもそもシフトが無給だから生産費には仕入れ原価しか入らない)

 つまり、よくよく考えると、来場者の心理頼みの危ない商売なんじゃないかなって思ったりしました笑。

 まあでも、去年はこんなことは考えずに楽しくゴマ団子揚げてましたけどね笑。

 五月祭では、自分たちで企画書作成、器具のレンタル、テントの設営、仕入れ、運搬、広報、看板作成(デザイン)、調理、呼び込み等々全部をクラスでやります。

 今から思えば膨大な仕事量で、5月祭委員会はとてもよく働いていたなという印象でした(私も会計頑張ったけどね)。途中でトラブルが発生したりはつきもので、登山用の大型ザックで冷凍ゴマ団子を大量に運搬したのはいい思い出です笑

 当日も、必死に呼び込みを頑張って、幾度となくガンスルーされたことで鋼のメンタルが培われました(もう今は元に戻りましたが)

 今振り返ってみれば、他人と協力してプロジェクトを遂行しお金を得るという経験を初めて本格的にしたなと思います。その過程で、組織を動かすことの難しさ、トラブルを予想しそれに備える重要さ、自分の努力がお金(価値)という形で還元されることに喜びを学んだ貴重な経験になりました。

 明日は5月祭2日目です。今日のフィードバックを踏まえて、模擬店の皆さんは明日も商魂たくましく、しつこい勧誘でどんどん売り上げを伸ばしていってください、応援してます!!
東大生ブログランキング

 今日は最近読んだニュース記事について考えたことを書きたいと思います‼

 URLはこちら↓↓
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190513-00000040-ann-bus_all

 内容を要約すると、自動車大手のトヨタの豊田社長が終身雇用の維持が難しいという発言をした。さらに、経団連の中西会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言していること。 その一方で、中途採用や派遣の社員が増加していることを伝えている。

(日本の終身雇用制の歴史と今)

 まずは日本の終身雇用制がいかにして形成され、どのような変遷をたどったのか見ていきましょう!

 終身雇用制は日本企業の雇用慣例として長らく存続してきました。日本で終身雇用制のような長期雇用が慣例となったのは高度経済成長期でした。1950~60年代の神武景気、岩戸景気と呼ばれる好況の中ではむしろ労働力不足となり、大企業による長期雇用が慣例化しました。

 しかし、1990年代初頭にバブルが崩壊、「失われた20年」という不景気に突入すると、労働派遣法改正(1996)や派遣適応業種の拡大(1998)によって、派遣社員が増加し正規社員の割合が低下します。ここから日本の終身雇用制は揺らぎを見せ始めます。

       スクリーンショット (40)


 最近では、少子化、日本経済の低迷、国際競争力の低下(新興工業国の台頭)によって、終身雇用制や年功序列といった日本的経営システムを維持することが困難になってきています(自動車大手のトヨタでさえ維持が困難だしね)。

 一方で、終身雇用制が衰退したとはいえ、日本には依然として長期雇用の慣例が存続しており、外国に比べて転職率は低くなっています。

(旧来の家計の在り方の変化)
 終身雇用制の衰退によって、日本の家計(家庭における経済)の在り方も大きく変わってきました。高度経済成長期の終身雇用制においては、一家の男性(夫・父)を稼ぎ頭としていました。その男性が終身雇用であるため、家計における収入基盤は安定しました。

 しかし、終身雇用制の崩壊によって家計の収入基盤が不安定化しました。これによって出生率が低下したほか、家計を支えるために妻・母親も働く共働きの世帯が増加しました。

 つまり、終身雇用制の崩壊した現代において「男は外で働き、女は家庭で家事・育児をする」という男女の性役割分担はもはや成立しえないということが分かります。僕は、日本ではしばしば上に書いたような男女の役割分担的価値観がいまでも存続しているように感じますが、それは全くナンセンスだということになります。

(投資の必要性)
 終身雇用のような長期雇用が衰退するということは、人生においていつも職にありつけるとは限らないということです。転職率が上がり、1個人が複数の企業を転々とするようになるということは、今の職と次の職を手に入れる間に無休の期間が存在することを意味します。

 ここでも、金融リテラシーや投資についての見識を養っておくことの必要性が強調されます。投資にお金を回しておけば、自分が働いていない間にもお金が自分の代わりに働いてくれます。

 働き方が流動化し、雇用による賃金収入が不安定化するであろう近い将来において投資のスキルをみにつけることはもはや必須と言ってもいいでしょう。

 また、職と職の合間に大学で改めて勉強したいと思ったときにも、投資は自分にお金をもたらしてくれます。後述するように、絶えず学び続けることが求められる近未来において投資を学んでおかない手はないと思います。

(今後の雇用の在り方・求められる人材)
 
今後の雇用の在り方がどのようになっていくのか、個人的に予想してみたいと思います!
 まず前提として、今後の日本で終身雇用制が復活することは、よほどの経済・政治的なパラダイムシフトが起こらない限り起こりえないでしょう。

 今後は、転職率が上昇しより良い機会や給与を求めて人材の移転が活発に起こるようになるでしょう。同時に、企業側も雇用者は2.3年で転職することを前提とした欧米的な組織構造へと変革していくと思います。

 高度経済成長期は、欧米先進諸国の後追いをすればよかったのでそこに独創性はあまり求められませんでした。むしろ、欧米の新技術を導入しそれを改良し、質の良い日本製の製品を生産していれば売れたのです。
 
 しかし、今後は世界の先頭を走る先進国として新技術や新システムを生み出してく側にならなければなりません。そのためには既存のモノを組み合わせて新機軸を生み出す独創性や創造性が必要です。今後の人材に求められる性質はまさにそのようなものだと思います。もはや、事務処理ができれば雇用された時代は終わったのだと思います。

 残念なことに、現在の日本の教育はそういった独創性や創造性を伸ばすようなカリキュラムとは言えないのが現状です(文部科学省は懸命に打開策を模索していますが)。今後は、ますますグローバル化する社会で活躍できる人材を生み出せるような教育面の改革も重要だと思います。

 また、社会がますます情報化、電子化していく中でプログラミングや機械学習等の先端技術を高いレベルで使いこなせる人材への需要は今後間違いなく増加していくでしょう。

        スクリーンショット (42)


 特に強調しておきたいこととして、今後の人材に間違いなく求められるのは「学び続けるという姿勢」であると考えます。2000年からの約20年間で社会はめまぐるしく変革しました。今は価値があり重宝される専門的技術(先のプログラミングや機械学習)がこの先20年後も価値がある保証はありません。

 そういった意味でも僕は創造性や独創性を普遍の技能として重要視しています。さらに、そういった独創性を適切な形で発揮するためには、絶えず社会の変化を敏感にとらえ、変化に取り残されないように学び続けることが必要だと考えます。

 最後にルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」より
 皆さんならもうその意味が分かりますよね?

「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない(It takes all the running you can do, to keep in the same place.)」
 
東大生ブログランキング

↑このページのトップヘ