皆さんお久しぶりです! 

 前回の更新からすごく時間が空いてしましました。すみません。
 この間、東大の進学振り分けやらなんやらで忙しく、なかなか更新ができませんでした。
 (ちなみに中の人は後期教養学部教養学科総合社会科学分科という名前の長い学部に進学しました。)

 それでも、相変わらず投資をコツコツ続けていたので、今日はここ数か月間の投資について簡単に紹介しようと思います。

変化①:米国株による長期投資を本格開始
 7月くらいから米国株の個別銘柄に少しづつ投資を始めました。これは、東大ドリームネットの交流会で出会った東大卒個人投資家の方の影響です。その方は、米国の高配当株を中心に投資を行っており、現在は配当収入だけで暮らしています。まさに、投資によって経済的自由を手に入れた方です。

 その方に、米国高配当株の魅力を説かれたのが、米国株に投資を始めたきっかけです。その方の説明に説得力があったのはもちろんですし、自分でいろいろ調べた結果、確かに長期投資には米国高配当株が向いているという確信を得ました。しかし、一番説得力があったのは、その個人投資家の方の実際の口座を見せていただいたことです。詳しくは言えませんが、私はあの規模の「資産」を実際に目にするのは初めてでした。

 そんな訳で、今まで国内株式に振り分けられていたお金を少しづつ米国株式に移し始めました。ちなみに、今まではマネックス証券を利用していましたが、米国株の手数料が安いという理由で、新たに楽天証券の口座を開設しました。

 現在は約80万円を投資しています。保有銘柄はAT&Tやウェルス・ファーゴといった高配当の成熟企業を始め、P&Gやコカ・コーラといった配当は3%ですが、今後も成長が見込まれる企業にも投資しています。

 米国株の特徴は何といっても4半期ごとに配当が出ることです。そのため、複数銘柄を組み合わせれば、毎月配当がもらえるということもあり得ます。実際、私も7月に投資を始めて11月の現在までで合計33ドルの配当金をもらっています。定期的にお金が振り込まれるのは、例え小額でも、「自分は株主として投資によってお金を得ている」という実感が沸いてうれしいものです。

 米国株の魅力については今後詳しく書いていきたいです‼

変化②:日本株の信用取引でキャッシュフローを得る
 二つ目の変化は、日本株の取引き方法です。それまで私は現物株を購入し、数週間から数か月間保有していました。しかし、その方法が自分に合っていないことに気が付きました。

 まず、日本株はボラティリティが高いと感じました。これは金融庁の方にお聞きした話ですが、日本株の8割は外国人投資家が保有しており、どうしても投機的な売買が多く、結果としてボラティリティの高い相場になってしまうとのことです。

 ボラティリティが高いとどうしても値動きが気になってしまって、精神的な負担が増えます。そこで、逆に考えを変えて、長期投資は米国高配当株で行い、日本株は信用取引による短期売買に切り替えました。

 具体的には、信用取引を利用し以前よりも買い付ける株数を増やし、小幅な値動きで利ザヤが取れるようにします。また、ファンダメンタルよりもテクニカルを重視し、勝てそうなポイントを見極め短期間で集中投資(投機)します。ボラティリティが高いという国内株式の特徴を、短期で利ザヤをとることに利用する戦法です。

 しかし、買い付ける株数が増える分、損失も膨らみやすいです。そのため、損切りや買い付けるタイミングについては厳しくルールを設けながらトレードすることを心がけるようになりました。また、一か月の目標額を設定し、それを超えたら基本的にはトレードしないようにしています。

 信用取引は6月ぐらいから始めましたが、かなり安定して利益が出せるようになってきました。また、最近は学部の勉強が忙しく、中々、アルバイトに入れないので、信用取引のキャッシュフローは重要な収入です。

 自分の信用取引の手法についても、また今後別な記事で紹介出来たらなと思います‼


 今回は、久しぶりの更新ということで、ここ数か月間の自分の投資の変化を紹介しました。基本的には、「米国高配当株で長期投資、国内株式の信用取引で短期投資」というスタンスをとるようになりました。今後も私の投資の手法や、現在の投資状況について記事を書いていければなと思います。同時に
、たまには投資以外のことについても書きたいなと思いますが、中々筆がのりません(笑)

 こんな稚拙なブログですが、今後もよろしくお願いします!



東大生ブログランキング