皆さん、こんにちは‼
 早いもので年末が近づいてきましたね、中の人は連日の忘年会で肝臓がボロボロです(´;ω;`)

 今回は、私が7月から始めた米国株式の運用報告をしようと思います。運用報告といってもまだ始めてから5か月ですが(笑)、少しでも参考になれば幸いです。

 まずは、7月からの米国株を巡る市場環境を簡単に説明して、その後に運用報告に移りたいと思います。

(1)7月―12月の市場環境
 ①米中貿易摩擦
 今年は、米中貿易摩擦(戦争)に反弄された一年でした。正確には、2018年後半から段階的にアメリカは中国からの輸入品に関税をかけていました。それが今年になって両国の関税合戦に発展し、世界経済に不安感を与えました。

 金融市場はこうした関税戦争が米中の景気悪化をもたらす可能性を織り込み、株価は下落しました。2018年の年末に底を打ったダウ平均株価は、その後、米中間協議への期待から回復するも、協議の難航と追加関税により5月と8月に大きく落ち込みました。

 しかし、ここ数か月は米中間の貿易協議が進展し、一部関税が減額されるとの見方から株価は再び上昇を始め、11月にはダウ平均が歴代最高値を更新する場面もありました。

 来年も、米中間の駆け引きに応じて、株価が乱降下する展開が予想されます。私は「保有株式数を増やして配当収入(インカムゲイン)を増加させる」ことが目的なので、株価が落ち込んだ時に集中的に購入するという投資スタンスを継続します。

       2019-12-14 (2)


 ②為替相場
 米国株式への投資の上で重要なのは、国際市況だけではありません。米株は米ドルで購入し、評価額も米ドルで表されるため、為替の影響も受けます。例えば、1株20ドルの株でも、1ドル105円の時は2100円、1ドル110円の時は2200円となります。つまり、ドル安の時に円をドルに換えて、その後ドル高になれば、その為替差益も株価の利益として反映されます。

 私の米株資産の値上がりによる利益は5万8千円ほどですが、利益合計は6万円です。この差分の2千円は為替差益ということになります。米株投資では、円高(ドル安)の時に円をドルに換えておくことが重要です。

 今年後半の米ドルの為替相場は5月から8月にかけて円高が進みました。5月には1ドル110円前後でしたが、8月には1ドル105円まで円高が進みました。私はここで可能な限りの円をドルに交換しました。

 8月以降は徐々に円高が解消し現在は1ドル109円前後です。私の米株の投資方針は高配当株の長期保有によるインカムゲインのため、なるべく円高の時に円をドルに換えるという姿勢は来年以降も継続するつもりです。

      2019-12-14 (4)


(2)運用報告
 続いて、運用報告に移りたいと思います。私は7月から徐々に資産を米国株式に移し始め、現在の合計投資額は80万円です。そして、現在の評価益、配当金を含めた総資産額は約86万円です。

 約半年で7%強の利回りなのでかなり満足しています(平均的な株式の年利回りは6から7%)。この背景には、安値で購入した後で、米株市場が回復したため含み益が伸びたことがあります。

 また、配当については3銘柄から4半期分(米株は四半期ごとに配当が出ます)を回収しきった状態で45ドルの配当を得ました。なので、一年では約200ドル前後の配当が得られると思います(保有株数が増加しているため)。

       2019-12-14 (11)


 ①内訳
 現在投資している米株は4銘柄です。すべて世界的大企業で時価総額も大きいですが、私は2つのグループに分けています。

 一つ目は、成熟した巨大企業で株価の成長ではなく、毎年安定して配当を出している企業のグループです。私の場合、AT&T(アメリカの大手通信持ち株会社)、ウェルズ・ファーゴ(アメリカ大手商業銀行)がこのグループに入ります。両社ともに配当利回りが5%を超える高配当株です。また、企業規模も大きく安定しているため、長期投資に向いています。

 二つ目は、これからも成長が期待できる多国籍企業で、尚且つ配当利回りも中程度ある企業のグループです。P&G(非耐久消費在メーカー)、コカ・コーラ(多国籍飲料メーカー)がこのグループに入ります。両社とも、ここ10年での株価の成長が大きく、配当利回りも2%強あります。

 私が投資している企業の特徴は、大企業であり、経営が安定していることです。さらに、配当利回りが高く、毎年増配している企業が多いのも特徴です。こうした企業は倒産のリスクが低いですし、毎年増配することによって株価が維持又は上昇する可能性が高いです。らに、いづれの起業も世界的な知名度が高く、ブランドイメージが広く浸透しているため、簡単に顧客が離れていく可能性が低いことも特徴です。

 現在、この4銘柄の投資状況は以下のようになっています。
       2019-12-14 (7)
                         (注:2019年12月13日時点)
 投資額に差がありますが、これは「価格が大きく落ち込んだ時に、その銘柄を購入することで取得単価を下げる」という投資手法の都合でP&Gに投資が集中したためです。コカ・コーラに関しては最近投資し始めたためまだ金額が少ないです。

 ②配当実績
 続いて配当実績に移ります。7月から12月現在まで、受け取った配当は以下の通りです。コカ・コーラからはまだ配当を受け取っていません。

        2019-12-14 (9)
                         (注:2019年12月13日時点)
 
 P&Gウェルズ・ファーゴからは2期分もらっていますが、1期に比べて2期の配当額が増えているんは、保有株式数が増加したためです。

 アメリカ株の良い点は4半期ごとに配当を出してくれることです。定期的に企業からお金が自分の口座に投げ込まれるという感覚は「投資家」チックで嬉しいものです。また、複数銘柄を組み合わせれば、毎月配当をもらうことも可能です。

 インデックス型の投資信託などは、資産総額そのものは増えていきますが、分配金の出ないものが多いのでお金を得ているという感覚が得にくいです。その一方で、高配当株投資は、株価の上昇以外にも配当とういキャッシュ・フローを得ることができる点が魅力です。また、配当を再投資して株式を購入することで複利の効果も得られます。

 ③まとめ
 以上が各銘柄ごとの内訳と配当実績でした。私の感想としては、米国高配当株投資はなかなか魅力的な投資だなという印象です。特に、前の記事で書いたように日本株のボラティリティの高さを考えると、値動きを気にせず長期投資できる点が大きな長所だと思います。

 まだ米株投資を始めて約半年なので、このデータだけで米株投資は良いと断言はできません。今後も、色んな相場に直面すると思うんので試行錯誤をしていきたいと思います。市場外の出来事と市場の関係など、面白い気づきがあれば適宜発信していこうと思います‼


(3)最後に
 今回は、年末ということで、今年の米国株の運用報告をしました。いかがだったでしょうか?最近では、各証券会社が米国株の取引き手数料の値下げを行っており、今後ますます手の出しやすい金融商品になっていくと思います。

 この記事が皆さんが米国株に興味を持つきっかけになれば何よりです!ではまたノ
 


(※この記事は特定の金融商品の購入を促す目的は無く、購入によって生じたいかなる損失についても当ブログ運営者は責任を取りかねます。)
東大生ブログランキング