タグ:哲学


 皆さん、こんにちは!!

 今年も早くも師走ですね。今年はコロナのせいであまり出かけられなかったり、いろいろな制約があったりであまり何かをしたという実感がないです。そのせいか、一年がたつのがあっという間だったように思います。

 今日は、この前友人と話していて興味深く思ったことを話します。

 その友人も私も人の話を聞くことが好きという共通点がありました。なので、「人の話を聞く」時にどんなことを意識すべきかという話をしました。

 色々話す中で、人の話を聞くときに先入観や主観をどこまで出すかという話になりました。友人は、普段は現象学的(本人がそう呼ぶ)な話法として、相手の話に対しての先入観を「」に入れて留保する、言い換えれば、先入観を可能な限り排除するといいます。先入観を排除して相手の話を率直に受け入れることで、さらに相手のことを深堀って聞くことができるといいます。

 なるほど、もっともです。先入観を持つと、相手の言ったことを自分の中で勝手の解釈して理解した気になってしまうことがあります。先入観を排除することで、相手がどうしてそう思ったのか、どうしてそのように行動したのだろうかといった新たな疑問が浮かびます。また、相手の属性だけでその人を解釈しその行動や思考を意味づけるといった短絡的なことも防げます。

 まあ、ここまでだとよくある「人の話を聞くときは先入観を持たずに聞きましょう」という教訓話で終わってしまいます。

 その友人はこの「話を聞くときの先入観や主観」という問題についてもう一つに視点を持っていました。

 その友人がある友人と会話をしていた時に、「(友人)には私がそういう風に見えてたんだ、それを話してくれてありがとう。」と言われたそうです。この時、友人は、他人から自分がどう見えているのかを知りたい人もいるんだということを知ったそうです。

 話が少しそれますが、この「他人から見た自分」を知りたいという気持ちは多くの人が持っているのではないでしょうか。

 他人から見た自分はアイデンティティを形成するうえでも重要です。人は自分の自分自身へのイメージと他人から見た自分のイメージが一致しているときにアイデンティティの充足を感じます。また、哲学者の鷲田清一さんも、人間は他者との関りの中で自己像を獲得するといっています。フロイトも人は他人から見た自己像を自分自身の自己像として借用するといっています。

 友人は、その意味において、自分が人に対して持った主観的な印象をその人にある程度伝えることも重要だと思ったそうです。

 そう考えると、人の話に対して先入観や主観を、特に主観を完全に排するということは、その人に自分から見たその人のイメージを伝えるという点で不都合があります。

 ここで、人の話を聞くときに先入観や主観を排除するべきかどうかというアンビバレントな問題が発生します。

 相手のことを深く知ろうと思えば、先入観、主観を可能な限り排除したほうがいいような気もしますし、一方で、相手に自分から見た相手の印象を伝えようと思うと主観的にならざるを得ません。

 もちろん、話す相手との親密度や場面などの状況に応じて変わってくる話ではあります。そもそも全ての人が他人から見た自分を知りたがっているわけでもありません。さらに、人が話を聞くときにどんなに意識しても完全に先入観を排除することもできませんし、人が「主観的な」解釈を行わなければそもそも相手の話を理解することさえできないという議論もあるでしょう。

 そういった意味でこの議論はもう少し精緻化が必要ではあります。ただ、この話から、その友人が人の話を聞くということを真剣に考えていることが伝わってきましたし、それは素敵なことだと思いました。普段何気なくやっている「話す」という行為についてよく考えてる友人の話を聞いて、自分も改めて「話す」ということを考えてみようと思った次第です。


 ここのところだいぶ寒くなってきまして。皆さんもお身体にお気をつけて! 東大生ブログランキング


 こんにちは!!

 今日は、大学で議論したり、普段人と話すときにしばしば(?)登場する「合理性・合理的」という言葉について考えたことを書こうと思います。

(1)合理性・合理的って?
 大学の議論なんかだとよく「合理性」とか「合理的」という言葉を使います(少なくとも僕は)。あまり意識せずに使っているこの言葉ですが、本当のところ、「合理性」って何なんでしょうか。

 ネットのgoo国語辞典の定義によると①「道理にかなった性質。論理の法則にかなった性質。」 ②「むだなく能率的に行われるような物事の性質。」とあります。僕がよく使う合理性はどちらかといえば①の意味が多いような気がします。

 つまり、何らかの道理に照らして内容が理にかなっているときや、内容が論理だっているときに「合理的」だと言えます。

 そもそも、人が「合理的」という言葉を使うのはどのような時でしょうか。僕が使うのは、自分の主張や発言の正当性・妥当性を強調したいとき、言い換えると相手を説得したいときにこの「合理的」という言葉を使います。
 
 社会でも、取引先との商談や訴訟における陳述、国会議員の発言などなど、自分の主張の正当性を強調し、相手の説得を試みるときにしばしばこの「合理的」という言葉が使用されます。


(2)何に対して「合理的」なのか
 次に考えてみたいのは、(1)の意味で合理的という言葉を使うときに、それはその合理性がどんな道理や論理にかなっているかということです。

 私たちがよく知っているように、この世界には万人が認める普遍的な道理や論理は存在しません。例えば、政治の世界でも増税すべきという人もいれば、減税すべきという人もいます。また、経済の世界でも政府の市場への介入を推進する人もいれば、政府の市場への介入に反対する人もいます。

 それぞれの立場にはそれぞれその妥当性を支持する学術的・経験的な背景があります。その意味ではどの主張も一定の「合理性」があると言えます。

 宗教でも、イスラム教、キリスト教、仏教でそれぞれ教義は異なりますし、信徒が行うべき習慣も異なります。したがって、イスラム教徒の行為はイスラム教の教義に照らせば「合理的」といえますし、キリスト教徒の行動にも同じことが言えます。

 このようにしてみてみると、私たちが普段何気なく使っている「合理性」には、実はいろいろな種類があるということが分かります。

 合理性の中には、経済的合理性や軍事的合理性のような〇〇的合理性のように特定の分野・領域の中で認められているような合理性があります。しかし、そういった分野・領域に特定されない無数の「合理性」がこの世界には存在しているのです。


(3)合理性のTPO
 ここまで、長々と合理性について書いてきましてが、ここからようやく本題です。

 (2)では世の中に無数の「合理性」が存在するということが分かりました。そのため、例えば、二人で議論しているときに、二人とも「私の主張は合理的だ」ということも起こりうる(というかしばしば起こる)ということになります。
 
 お互いが「俺の主張は合理的なんだから、こっちの主張が妥当なんだ」と譲らなければ議論は永遠に平行線です。建設的な議論を行うためにはどのようにすればよいのでしょうか。
 
 そこで、僕が考えたのが「合理性のTPO」です。TPOは、皆さんご存じのようにTime(時間)、Place(場所)、Occasion(状況)ですよね。「TPOをわきまえる」とは、社会生活において時・場所・状況に応じた行動をとるという意味です。

 議論においても、「合理性」のTPOをわきまえることが建設的な議論につながるのではないかと思います。つまり、その議論で話し合っているテーマに応じた「合理性」に基づいて議論することが重要だということです。
 
 例えば、「大学教育の在りかた」というテーマで議論を行う際は、「教育論」や「大学の歴史」、「社会的な大学の役割」などの観点でみたときの合理性がより大切だと言えます。逆に言えば、それ以外の観点に照らした合理性の重要度はこのテーマにおいては相対的に低下すると言えます。

 もちろん、上にあげた以外の観点に照らした合理性を完全に排除すべきということではありません。一つの論点・観点として拾い上げられるべき合理性もあります。しかし、合理性のTPOを無視して沢山の観点の合理性が出てしまうと、議論は発散してしまい掘り下げることができます。

 その意味では、議論にあたっては、ある程度参加者の合理性が参照する観点を限定できるように、より議論のテーマを絞る必要があるかもしれません。
 
 例えば、ある企業が売上減という経営課題に直面していたとします。この時、経営会議のテーマが「当社の売上増のための施策」よりも、「当社の今後3年の売上増のための施策」の方が議論の方向性が絞られます。

 こうすることで、会議の参加者が依拠する合理性の幅(この場合は、経営理論、売上増のための販売戦略や過去の成功例など)が狭まり、議論がより深まるように思います。なぜなら、短期と長期では同じ売上減という問題に対しても取るべき行動に違いが生まれるからです。

 
 今回はここまでです。最後まで読んでいただいてありがとうございました!
 
 「合理性のTPO」とイキったタイトルを付けた割には、細かい部分で論理の粗がある気がしますが、まあ論文じゃないのでよしとします。

 皆さんも、議論や今回のテーマである「合理性」について意見や面白い経験等があればコメント欄にお願いします。
  東大生ブログランキング

↑このページのトップヘ